人生は長距離走によく似ている。いちど生まれると死ぬまで生きるしかない。いつも楽しく元気でいたいけれど、現実はうまくいかない。長く走るうちには、さまざまな出来事がふりかかる。日射しが強すぎたり、向かい風が吹きよせ、暗雲たちこめて雷鳴とどろき大雨になる。仲間と支えあって走ったり、だれもいない道を孤独に走る。自信満々に完走を期待して、空腹になり目をまわす。はるか先の将来を考えて悲観してみたり、のりこえてきた過去を思い起こしては勇気を奮い立たせてみる。脳機能がおとろえて道を見失うようになり、身体を病んで自力では立つことができなくなる。それでも、死をむかえるまで人生を降りることはできない。
月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也(芭蕉)
 
 
人生が長距離走なのだとしたら、じつはとっておきの秘策がある。50年もの歳月、わたしは人生の安泰を約束する叡智をもとめつづけた。経済学や金融工学、人類学や哲学や宗教学をかじり、瞑想の修行にあけくれて医学にすがりついた。それでも人生を救う智慧と技術にあわなかった。しかし、それこそが「人間の真実」だった。人間は50歳になるまで真実を理解できない。釈迦やキリストという宗教者は超例外だ。人間は50歳まで動物本能のような暗愚と混迷に生きる。若き日は不安と迷いと欺瞞と後悔ばかりだが、それが「人間の真実」なのだ。自分の人生を呪う若者にあうと、わたしはこの言葉を贈ろう。「どんなに苦しくても50歳までは何をしても生きのびなさい。女も男も更年期(更新期)になると人生をリセット(更新)できるから」と。50年もの煩悩に耐えきれずに爆発するのか、統計では50歳前後の人間がいちばん犯罪をおかしているという。混沌と絶望に終止符をうつべく、わたしは意を決した。2018年末のことだ。
 
 
人生100年の長丁場を無事完走するには、50歳の折り返し地点を大切にしよう。50歳からどう生きるのか。それが人生のクライマックスを決することになる。なんという幸運か、わたしは世界のトップアスリートを育てあげた天才指導者とであった。人生とランニングはひとしく困難だ。だれもが苦手だ。だれも理想の生き方と走り方を知らないが、こたえはおそろしいほどシンプルだ。賢者がこたえをわたしにさずけてくれた。
「正しい走り方は各人各様だが、ひとりひとりに理想の走り方が存在する。それをおしえてくれるのは心臓だ。自分の心臓に耳を澄ませ。その走り方が正しいのか、でたらめなのか、ハッキリするさ。人生も同じことだ」
驚くことに、師の教えは世間の常識とは正反対だ。あまりにもシンプルすぎる。子どもさえバカにするだろう。だからこそ、だれも実践しようとしないのだ。だが、教えはランニングの奥義にとどまる話ではすまなかった。師の教えはそのまま100年の人生を美しく走りぬくための人類の叡智にまで昇華していくことになる。
 
 
勤務先まで6キロを走って往復する。市民ランナーとすれちがうと、みんなでたらめなランニングをしている。だれもが正しいランニング法を知らない。正しいランニング法といっても決まったかたちがあるわけではない。顔かたちが各人各様なのとおなじで、正しいランニング法も各人各様なのである。だからこそ、自分だけの理想のランニング法を知って実践することがとても大切になる。
 
 
自律神経バイオフィードバック法の普及にながらくたずさわってきた。この生理学的養生法は、自律神経の改善効果が医学的に証明されている唯一の方法だ。わたしはこの方法で自律神経の力を人間の限界まで高めることに成功し、自律神経の回復が可能なことを証明した。そして、自律神経の治療には瞑想が最適だとおしえてきた。ある高僧が人類最高レベルの自律神経力をそなえていることも、瞑想が自律神経を高めることを証明している。だが、高僧やわたしには効果がある瞑想が、ほかの人には役にたたない。本格的に宗教や医療をきわめないと、瞑想で自律神経を高めることはできないのか。乗り越えられない高い壁が、わたしの前に立ちはだかった。
 
 
そして正しいランニング法とであう。自律神経は身体中の臓器にめぐらされている。自律神経機能がとくに顕著にあらわれるのが心臓だ。自律神経の機能を測定するには、心拍数の変動率を計算する。心臓機能を高めると、自律神経の機能が向上する。心臓機能を安全に高める最高にして最適な治療法が正しいランニングなのである。ただ、自分の心臓の調子に合わせて走るだけだ。自分の心臓をペースメーカーにして走れば、つま先・踵・足底を痛めることはない。膝や腰をこわさない。息が上がらない。エネルギー不足にならない。疲れない。自分だけの理想的な走りが実現するからだ。つづけるうちに心臓はぐんと元気になる。疲れやすかった心臓が若がえる。自律神経が改善する。自律神経の回復は正しいランニングで実現する。走るには自分の心臓が不安だという方もあろう。それには内科医の直接指導のもとで実習することが断然オススメだ。ぐうぜん、わたしも内科医だ。
 
 
正しく走れば、自分の身体に眠っていた力に驚くだろう。身体はひきしまり、体重はそれほど変わらないのに、羽根が生えたように身体が軽くなる。肥満者なら体重と体脂肪率が理想的に減ってゆく。現にわたしの患者がそうなっている。走るほどに力がぬけてゆき、力がぬけるとどこまでも走れるように感じる。疲れなくなるから、億劫でなくなる。朝から身体が動いてしまう。用事が自動的に片づいてしまう。片づかないガラクタが消える。走って帰宅すると、すぐ汗まみれのウェアを洗濯する。洗濯を面倒がっていたわたしがいま洗濯大好き人間だ。ついでに家族の分まで、まとめて洗濯する。部屋がキレイになる。頭がすっきりして、気持ちが前向きになる。食事の量と回数がかわり、身体にふさわしい食事を欲しくなる。食費はへる。車や電車をつかわずに走るから、交通費がいらぬ。走ると、酸素を吸いこみ、身体の声に耳を傾けると、風景は美しく、気持ちはやさしくなる。目的地につくと、この上なく満ちたりてやすらぐ。身体は軽々とすっきりしなやかに、衣服がぴったり似あう。オシャレは衣裳で飾るのではなく素肌のハリと身体のシェイプ(かたち)で魅せる。少食で快便、よく眠れて、顔とお尻が小さくなり、背筋はのびて、心はおだやかに、前向きに、活発になる。ついでにお金をつかわない。これがほんとうの瞑想だ。瞑想とは無念無想ではなく、現実の生活能力の完成なのである。生活は快適になる。仕事ははかどる。人生の目標がはっきり見えてくる。脳が、身体が、コリ固まっていたころには、まるで見えなかった世界が眼前にあらわれる。これが真実の瞑想だ。正しく走れば、いつの間にか瞑想🧘‍♀️が実現している。
 
 
本来の「こころ」と「からだ」をとりもどせば、がんはずっと治りやすくなり、認知症も脳梗塞も心筋梗塞も予防するだろう。うつ病だって、自閉症だって、統合失調症だって改善するだろう。このわたしが、よい証拠だろう。