2019年12月23日に Lecture を企画・予定しています。

 

11/17 Lecture が目にみえない「心」をテーマにしたので、今回は目にみえる科学のお話にするつもりです(急遽休止する可能性はあります)。

 

現代人がストレスによって心身をふかく傷つけ病んでいることは、みなさんもおわかりだと思いますが、自律神経と「慢性炎症」の関係が明らかになってきました。リウマチも腰痛も、動脈硬化も、癌もすべて、慢性炎症が悪化させていますが、その背景に自律神経の老化があるのです。

 

とはいえ、自律神経の改善は難題でもありました。いまでも、私は「瞑想」が自律神経の向上にはいちばん重要と考えていますが、正しく瞑想すること自体が困難である以上、べつの方策を導入する必要があると考えてきました。

 

そこで、当ホームページ上でもとりあげている「HRMランニング」のやり方を日本で初めて公開することにいたします。科学的にも合理的でシンプルな思想と技術からなりたちますが、ふしぎと世界中の医学者がまだこの医療技術に気がついていません。ごく一部のスーパー・アスリートやそのコーチにしか知られていないようです。私は、ぐうぜんの出会いから、この完璧なランニング方法をまなぶことができて、黙々と実践しつづけた結果、今年は「体内年齢」が10歳若がえりました。

 

さらに、米国のHeartMath財団が公益的に開発している Emwave という「自律神経測定機」を紹介して、「心と身体」とくに「脳」を改善させる方法についても、できるだけ科学的に、また詳細に紹介申し上げることを検討しています。

 

あわせて、今回、「いのちの学校」のスタッフを募集することにします。学校の先生と生徒と立場や枠をふみこえて、もっと身近に「遊方之外」の思想と技術を感じとりたい人で、条件が合えばスタッフに起用する方針です。

 

当ホームページをご覧いただいておわかりのように、遊方之外は自分の思想と技術の一端をしめすばかりで、みなさまにとってわかりやすくアクセスしやすいHPにはしておりません。これは、アクセスしやすい情報に価値はないという、禅やチベット密教の教えにもとづいています。ほんとうに貴重な情報が簡単に手に入るはずがないのです。それなのに、すぐわかる・よくわかる情報だけをとりこむ大多数の現代人は、けっきょく迷いに迷い、自分が望まぬ人生へと押しながされてゆきます。そのような生きざまに背をむけて生きる私は、ふつうの人がけっして学ばぬ言語をまなんで、現地人がまったく知らぬ聖地や賢者を訪ねてまわり、教えを乞うてきました、保険診療の医師の私は、目の前の患者さんに手を尽くしますが、本職の医師としての私は、自分から手をさしのべることはしません。そのことで、私のことを理解できず誤解される方がほとんどです。でも、ほんとうに苦しんでいる方をほんとうに救い、助けだすにはどうしたらいいか、を真剣に実践してきた人間だから、そうするのです。この事情を理解いただけない方とは縁がないのだと判断します。俗に「縁なき衆生は度しがたし」といいますが、その真意は、本人が自分が改善し向上することを自分で台なしにしているので、他者が手をさしのべてもムダである、という意味です。

 

このことをよくかみしめて、ほんとうの人生や医療に近づこうとお考えになる方は、生徒さんあるいはスタッフとして迎えます。

 

そのため、次回の Lecture についての情報は、ごく限られた期間にしか公開しません。それで人が集まらなければ中止します。私は、治せない人を治療するくらいなら、医師などやめて昼寝するほうがよい、と考えるくらい真剣な医師なのです(ゆふ しこを)