いま生きづらくてこまっているあなたにお話しすることがある。

                                                         
あなたは世間の常識というものが大嫌いだろう。社会は認めてくれない、働かせてくれない、活躍させてくれない。とても絶望しているだろうね。あなたは、基本的に正しい。あなたはすぐれた自尊心を持っているのだ。
                                                          
こんな社会でまともに働ける人間なんて、まったくどうかしているよね。でも、現実には何かして働かないといけないようだ。現実というやつは、いつもそうなんだ。では、あなたはどうする。
                                 
そんな問題をうまくクリアした私が、そのやりかたをつたえてあげたい。私は50歳をすぎてもひきこもりをつづけて、週2日だけ医者をしている。医者の腕はなかなかで、ほかの医者が手も出せない患者の治療が好きで、大の得意だ。私自身がとても重い病気だから病人の気持ちがよくわかる。それだけじゃないよ。たいていの患者は、私より軽い病気の人ばかりだ。私は、ずっと医者にも薬にも頼らないで、自分自身を支えて生きてきた。その医療テクニックをつかえば、たいていの患者さんはなんとかできる。でも、週2日働くのが限界でもあるんだ。週2日も医者として働くと収入にはなる。このペースで生きてゆけば、90歳くらいまで元気に働きつづけられるだろうと確信できるよ。要は、自分の欠点を埋めようとするのではなく、長所をどこまでも伸ばそうとするのが肝腎だ。
                                 
人間は、やさしい話ばかり聞こうとするね。自分に厳しい話は聞こうとはしない。そうして生きると力がつかないらしい。私はそれがすごくイヤで厳しく導いてくれる先生ばかり探して歩いた。インドやチベットの言葉を話すようになって、だれも行こうとしない世界に長く暮らしてきたんだ。最近は、私を厳しく導いてくれる師匠が見つからない。仕方がないから、自分自身でさまざまな工夫をしてたいせつな教えをさがし歩いているよ。自分の真の実力を発揮したい人のために「人類の叡智」があったけれど、だれも探そうとしてこなかったから、いつしかどこかに隠れてしまった。真実は、いつも灯台下暗し、で、人間の根っこのなかに隠れてしまった。人間が生きる叡智をとりもどすには、自分の根っこをたどればいいんだ。
                                                                
人生をゲームにしてはいけない」「世界をゲームにしてはいけない」 それが人生の叡智だ。ゲームは暇つぶしだ。ホイジンガがいうとおりだ。人類の文明は、ゲームを発達させる歴史だ。スマホゲームだけじゃない。スマホがゲームそのものだ。コンピュータ、ビジネス、仕事、経済、政治、結婚、オリンピック、いまや人間生活のすべてがゲーム化している。他者との競争で格差が生まれて、人生は勝ちか負けか、が評価の基準だ。「うまく勝てればよいけど、負けた人のフォローもしてあげなくちゃね」というのが退屈な人たちの合言葉だ。こういう言葉がウソ臭いと感じて、そんな社会と関わりたくないから、多くの人がひきこもりつづけている。よくわかるよ、その気持ち。それでも何とかやっていくためには、自分をダマシダマシやっていくことになって、みんな我慢してそうしている。
                                                                 
それじゃあ、よくないんだなぁ。社会や世間がおかしくったって、それで君が絶望してよいという理由にはならないんだよ。もしも、あなたが社会や世間ばかりに責任を押しつけているとすると、それはバランスが悪い。自分自身がきちんと生きるべきことを、あなたは忘れてはいけないんだ。社会や世間がどうあれ、自分を大切にしないという理由にはならないし、だれもが自分を大切にしないなら、君だけは自分を大切にしてみようぜ。そんな意味において、ほんとうは世間の声に耳を傾けてはいけないんだ。まずは自分の声に耳を傾けてみるんだよ。君はほんとうは何がしたいの。自分の声は脳のなかに響いている。脳は身体の支所にすぎないのだから、ほんとうの自分の声は、じつは身体の声なんだ。その声は言葉じゃない。それで心の専門家は「無意識」と呼ぶことにした。無意識とつながることを、インドでは योगा (ヨーガ)、チベットでは རྣལ་འབྱོར་(ネージョ)と呼んだ。TVや雑誌でよく見かけるヨガのポーズはとても健康的なイメージだが、ヨガをしている人々の表情をみると、心はけっして豊かになっていない。ヨーガの意味がよくわからないままに、ヨーガをしても何もかわらない。ヨーガは、真の自己=無意識とつながろうとする実践的な脳科学なのだ。無意識はあなたの根っこそのものであり、あなたそのものと言っていい。その根っことつながるとき自分自身が見えてくるよ。何をすればよいか、見えてくるよ。自然と智慧や能力がひらくから得意なことで活躍できる。私もチベットでヨーガをして実力がひらいて、医学部に最短で入ったし、最優秀の成績で卒業したよ。医者になると同級生の3分の1だけ働いて、治療の腕はあがりつづけ、治療範囲も精神科、内科、腫瘍科、整形外科、婦人科、皮膚科といまも拡大しつづける。いまはどの医者に相談しても、うまくいかない患者さんの治療を成功させることに情熱を燃やしている。
                                                                 
世間や社会に合わせすぎて自分を縛りつけるのは、あまりにつらすぎる。自分の根っこをよく見つめてみよう。自分自身の根っこは、脳で身体だ。自分の根っこと喧嘩すると癌になりやすいんだよ。癌の人はたいてい自分自身と喧嘩している。癌は自分の身体に対して反旗を翻した細胞軍団だ。自分に合わない生活をつづけると、身体がもたなくなって、癌ができる。自分自身と喧嘩してまで生きていると、その人の身体が抗議行動に出る。それが癌という生理現象だ。癌は人間の無意識が物質化した真実の声だ。癌=真実の声を手術で切りとり、抗がん剤や放射能でやっつけることが、よいことだと思うかな。自分自身の声は大事にしたほうがいいと思うよ。

                                                                 

社会で活躍するにも、健康に生きるにも、「自分の根っこ=無意識=脳=身体」につながるヨーガが、よく生きる秘訣だ。そのヨーガが「人生や世界をゲーム化してはならぬ」と教えているんだよ。でも、古代のヨーガのやり方を現代人が実践するのは難しいだけでなく、とてもリスクが高い。私はヨーガの成功者であり同時に失敗者だから、全貌がよくわかるんだ。そこで現代医学を応用して、代わりの安全で確実な方法をつくってみた。人生の立て直しを成功させるカウンセリングや、ものがたりの読書会や、理想的なランニング法や、正しい食事とダイエットと、方法はさまざま。ひとりひとり足りないものが異なるから、個別の対処法が必要なんだね。ライザップじゃないけれど、私もかならず確実に効果を実現したいんだ。治療に失敗しそうな人の相談は、あらかじめ引きうけないことにしてる。そして、人生一発逆転の究極の決意を固めた人だけを、受けいれている。厳しいことをいう私のようだけど、じつはぐうたらな遊び人の怠け者だ。週5日は何もしないで暮らす。私ができることはきっと君にもできるよ(ゆふ しこを)