自律神経を科学する

 
序章:自律神経の世界を急ぎ足でみてまわろう
 
  人間の身体は60兆の細胞からできています。たったひとつの細胞でもコントロールしそこなうと、それががん細胞化することもあるので油断はできません。では、60兆もの細胞のひとつひとつをどうやって制御しているのでしょうか。全身のすべての細胞を全体的に制御する役目を担っているのが自律神経ホルモンです。自律神経は血管壁や各臓器にはりめぐらされ、ホルモンは血液循環にのって細胞にはたらきかけます。自律神経とホルモンは、いずれも間脳の視床下部でコントロールされます。現代社会の重苦しいストレスがのしかかって人間の視床下部を狂わせると、自律神経の能力がおちてホルモンが分泌されなくなってしまうのです。
  
  視床下部のはたらきやホルモンの分泌を自分の意思でコントロールすることは不可能です。でも、自律神経にかぎって自分の意思で動かすことができます。ほんとうをいうと、ちょっと言い過ぎました。自分の意思でコントロールできないから ”自律” 神経というのですからね。もちろん、なにもしなければ自律神経のコントロールはできません。いまのあなたにもそれはできないでしょう。でも適切なトレーニングをおこなった人は、自律神経の力を改善できます。じっさい、ネルケ無方とゆふ しこをは自律神経の実力を高めつづけています。
 
 
  自律神経は "交感神経" と "副交感神経" からなります。マウス🐀をつかった動物実験がおこなわれました。マウスの "交感神経" を切除したところ、マウスは生きつづけました。ところが、マウスの "副交感神経" を切除すると、そのマウスはすぐに亡くなってしまったのです。この実験結果から "副交感神経" は生命活動に必須で、”交感神経” は必ずしもそうではないとわかったのです。さらに、加齢とともに "副交感神経" の能力は衰えてゆくけれど、かたや "交感神経" の力はそれほど変わらないこともわかってきました。すると、老衰で亡くなるのは "副交感神経" の力がなくなるとき、といえるかもしれません。ピンピンコロリを実践するためにも自律神経のことを知っておくことが大切になるのです。
 
 
  ストレス社会に生きる現代人は過酷な戦場に駆り出された兵士のように "交感神経" が活発に興奮しています。たびかさなるストレスで "交感神経" が興奮しつづけると、がん・高血圧・糖尿病・心筋梗塞・認知症、さらには突然死をひきおこすことがわかっています。"交感神経" の興奮があまりにも長くつづいて疲弊しきると、"副交感神経" だけがはたらくようになります。すると、うつ病・気管支ぜんそく・ひきこもり・花粉症などをひきおこすようになります。

 

 

 幸いなことに、現代にはストレスをふきとばして心身を元気にととのえる最適なトレーニング技術があります。医学生理学的に実証された "自律神経バイオフィードバック" です。この生理学的メソードで、だれでも自律神経をととのえることができます。人間の最高度の自律神経レベルを ”コヒーレンス”(統覚の境地)とよんでいます。人間が ”コヒーレンス” にとどまりつづけるかぎり理想的な健康が実現されることがわかっています。心療内科医のゆふ しこをは東洋と西洋の医学およびチベット密教のヨーガ技法を駆使して、世界トップレベルの自律神経の能力を達成していますし、世界的禅僧として有名なネルケ無方も自律神経の能力において世界トップレベルであることが実証されています。これらの医学研究によって、たゆまぬ仏道修行が心身の安定や自律神経の能力を高めること、さらには自律神経レベルが"瞑想力"のレベルをあらわすことが明らかになったのです。

 

 

それでは、これから本格的に "自律神経バイオフィードバック" の世界へでかけていきましょう。

 

  

自律神経測定器 emWave シリーズ

 

emWave の自律神経測定画面

1. 自律神経の医学

 

 

  眠りこんでいるのに、呼吸がつづいて、心臓が脈うって、胃が消化して、腸が吸収するのは、すべて自律神経のおかげです。心臓に「止まれ」と命じてもけっして止まりません。自律神経が人間の意志とは ”独立” して ”自律的に” はたらいているからです。自律神経のおかげで、わたしたちは臓器を動かすことを考えなくても生きていられるのです。

 

 

 以前、講演会で質問されて驚いたことがあります。自律神経は本物の神経だとくりかえし説明しても納得してくれない方がいらっしゃるのです。世間には ”自律神経失調症” なる言葉があって、体調がなんだかよくわからない不具合をきたす病状を ”自律神経失調症” と呼んでいるので、その人は ”自律神経” は実在しない幽霊のようにイメージしていたのでしょうね。カルテに ”自律神経失調症” と記す医師もいるので、もしかすると ”自律神経” は実在しないとイメージする医師がいるかもしれませんね(笑)。”自律神経失調症” という診断名は正式には存在しませんが、”自律神経” はたしかに実在します。自律神経には "交感神経と "副交感神経" のふたつがあって、解剖学的に、ふたつの神経は身体のなかをまったく異なる経路で走行しています。生理学的には、"交感神経" は人間の緊急事態に際して戦うか逃げるための神経であり、"副交感神経" は平和時に休憩したり故障を修復する役目をする神経です。ちなみに "副交感神経" という名称は英語 ”Parasympathetic nervous system”の接頭辞 ”para” を”副”と翻訳変換しただけの話で、"交感神経"の副官でも部下でもなく、完全に同等ですし、むしろ、人間が生存していくうえでは"交感神経"より珍重されているのかもしれません(笑)。

 

 

  現代の情報管理社会ではストレスがのしかかりすぎて "交感神経" が興奮しつづけ、かたや "副交感神経" は衰えやすくなっています。"交感神経" がずっと興奮しつづけると慢性的な生活習慣病メタボリックシンドローム・がん・糖尿病・高血圧・心筋梗塞・認知症)になります。"交感神経" が疲れすぎて "副交感神経" だけが活動するようになると、今度はうつ病(ひきこもり)や気管支ぜんそく、花粉症などにかかりやすくなります。このように現代日本のストレス社会に生きるわたしたちの自律神経のバランスはとても狂いやすく、とくに50歳以降は致命的な病気にかかる人が増加してゆくのです。

 

  

  人間の理想的な健康は、自律神経の力が最高のバランスではたらく”コヒーレンス統覚の境地で達成されることがわかっています。自分にあたえられた ”いのち” を最大限に活かすには自律神経の能力を高めるのが最善の方法です。でも、自律神経は人間の意思から ”独立” して ”自律的に” はたらいていましたね。自律神経をコントロールしているのは、間脳にある視床下部です。「わたしの自律神経、よくなれ!」と念じてもよくなることはありません。言語思考による左脳の指示は視床下部にはまったく無力なのです。むしろ、右脳の情動(感情)のほうが視床下部によほど強力にはたらきかけます。恥ずかしい思いをさせられたり、怒り心頭にたっすると、だれでも顔が真っ赤に上気して心臓がはげしく動悸します。右脳の情動のほうが左脳の言語思考よりダイレクトに視床下部とつながっているので、自律神経を強力にうごかします。情動が大きくうごくとき、心臓のうち方がうごいて心拍数が大きく変化します。自律神経には心臓拍動の制御が大切な仕事なのです。だから、心臓のうごき方をみれば自律神経のことがよくわかります。そこで、西洋医学の医師は人間の自律神経の状態を知るために ”心拍可変力”(HRV:Heart Rate Variability)を検査するのです。

 

 

 ※ HRV を ”心拍可変性” と訳すほうがよいと考える方がいらっしゃるでしょう。わたしの考えはこうです。HRV は ”自律神経の状態” レベルを反映する一方、トレーニングによって調整・改善できる生体能力でもあります。HRV の自分自身の努力とくふうで高められる能力という側面を強調するために ”心拍可変力” と訳しています。

 

 

 "交感神経" は心拍をゆるやかに速めます。"副交感神経" は心拍をすばやく遅らせます。息を吸うときには "交感神経" がはたらき、息を吐くときには "副交感神経" がはたらきます。ふたつの自律神経がこうして絶妙な綱引きをかさねてゆくために、心拍リズムはいつも速まったり遅くなったりしています。この速まったり、遅くなったり、という ”心拍リズム” が変化する人ほど、自律神経の能力が高くて、健康であることがわかっています。つまり、自律神経の能力がすぐれた健康な人は ”心拍可変力” も高いのです。

 

 

心電図で計測する自律神経のバランス(被験者:ゆふ しこを)

 

 

 じっさい、医学生のころ、わたしは実習で自分の自律神経を検査されたことがあります。医学生はたいてい実験台にされることをイヤがるので、先生に指名されたわたしが下着をまくってベッドに横たわる羽目になりました。冷たいゼリーを塗りたくられてゾッとしてヒッと声をあげるとドッと歓声がわきます。第4肋骨から第5肋骨の高さで胸骨から前腋窩線にかけて6つの電極が装着されて肌に吸いつき、両手両足はクリップではさまれます。先生が心電計のスイッチをオンにして、自律神経検査は1分間つづけられました。そのときの測定結果が上の図です。わたしの心電図はまったく正常でしたが、不要と考えてここには示していません。さて、わたしは自分の自律神経の結果がどうなのか知りたいと思って、先生に質問しました。先生は面倒くさそうな表情で、あいまいな答えをくりかえすばかりで、わたしはとうとう自分の自律神経についてなにも知ることはできませんでした。その悔しさから、というわけではありませんが、いまでは熱心に自律神経の医学研究をつみかさねましたので、この図にあらわれる自律神経の生理学的な意味解釈することができます。それにしても、このグラフをみていると、医学生のころのさまざまな思い出がよみがってきますね!え、ごまかすな、この測定結果はどうなのか、ですって? 少なからぬ医学生にとりかこまれ注視されている目の前で上半身丸裸で検査されたわりには、なかなか精神的におちついているようですよ。右側の RRトレンドグラフの波形はかなり美しいサイン波を描いているし、左の RRヒストグラムも "交感神経" と "副交感神経" が活発に動いていますが、やはり最高のバランスであるとはとてもいえないですね。残念です!

 

 

  ひと昔まえには、人間の自律神経の状態を検査や計測しようとすれば、こんなふうに心電計で自分の ”心拍可変力” を測定するしかありませんでした。心電図の生理学的検査技術をつかって 自律神経” を測定できれば、だれでも  自律神経バイオフィードバック” で安全に ”心拍可変力” を高めていくことができるようになります。自分の健康を守るには ”心拍可変力” を高めるのがいちばん安全で確実なトレーニング法なのですが、こんな面倒な測定をみなさんが気軽におこなうわけにはいきませんよね。

 

 

 ちなみに、人間が臨終にちかづくと”心拍可変力”は一気におちます。心拍リズムの周期(一回の心臓拍動にかかる時間)が同じになっていくのですが、それは "副交感神経" がはたらかなくなったと考えられるのです。”心拍可変力” をたもったり、高めたりするのは、衰えてゆく "副交感神経" の力をたもち、高めてゆくことでもあるのですね。

 

  

 

 

2. 自律神経バイオフィードバック

 

 

 バイオフィードバックは単純ではありません。もともとは Wiener という数学者がかんがえた通信や制御をめぐるサイバネティクスを基礎にしています。とはいえ、この話はここまでにしましょう。わたし自身がもうついていけません。バイオフィードバックは脳の自律神経系、とくに意識と無意識の領域で同時に起きる生体活動に絶大な影響や効果をもたらす。そのことだけおわかりいただけたら、もうじゅうぶんです。アメリカの Meninger 研究所の Elmer E. Green 博士と Alyce M. Green 博士夫妻たちの研究グループは、薬も手術もせずに、人間の ”こころ” と ”からだ” だけをつかって健康を改善できるメカニズムを実証して、 ”自律神経バイオフィードバック” という医学生理学メソードにまとめあげました。 Elmer & Alyce Green 夫妻たちは心身症を改善させる ”自律訓練法” の研究でもよく知られています。 ”自律訓練法” についてはその名前をお聞きになった方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 1991年にアメリカの行動科学者 Doc Childre さんはストレスと人間の心身の関係を調べるために、HeartMath 研究所をおこしました。”自律神経バイオフィードバック” をつかえば、薬や手術をつかわずに"いのち" の力だけで健康をとりもどせることはわかっているので、Doc Childre さんたちは自律神経を測定する安価で高性能な機器があればよいなと考えました。そして自律神経をリアルタイムに計測するデバイス emWave を開発したのです。それまでは ”自律訓練法” で主体的にトレーニングして自己満足するしかありませんでしたが、自律神経を測定できるようになるとリアルタイムの心身の姿を客観的に把握できますから、トレーニングのやり方は ”自律訓練法” から ”自律神経バイオフィードバック” へと一気に飛躍的にレベルアップできるようになったのです。じっさい、emWave をつかえば、だれでも、いつでも、どこでも、カンタンに、安全に、自律神経のはたらきを計れるのです。ご家庭の血圧計で血圧を計り、体温計で体温をリアルタイムに測れるように、いまや自律神経はだれでもカンタンに計れます。わたしが医学生のころは、上半身の下着をぬいでベッドにおとなしく横たわり、冷たいゼリーを塗りつけられ電極に吸いつかれて、両手両足にクリップをつけてまで検査したものですが、自律神経のリアルタイム計測デバイス emWave がその面倒な手間を一気になくしただけでなく、心身症の治療法を”自律訓練法” から一気に ”自律神経バイオフィードバック” へと進化させることに成功したのです。

 

 

 では、画期的新時代の ”自律神経バイオフィードバック” を実際にどのようにおこなうのか、「いのちの学校」でおこなっている方法を詳しく説明していきましょう。まず、emWave のセンサーを指や耳たぶにとりつけましょう。そして emWave をあなたの iPhone か iPad か Android スマホかパソコンに接続しましょう。あとは emWave のスイッチをオンするだけ。自動的に emWave があなたの心拍数を計りはじめ、”心拍可変力”(HRV:Heart Rate Variability)を計算しはじめます。画面上にリアルタイムで自律神経の能力を数値化して、目で見えるようにしてくれます。この数値(スコア)がリアルタイムのあなたの自律神経の能力をしめしています。emWave は、いわば、あなたの ”自律神経の力” や ”健康力” をリアルタイムに映し出す鏡なのです。

 

 

 「いのちの学校がおすすめしている自律神経バイオフィードバック” の方法は、emWave で自分の自律神経のはたらきを5分間計るやり方です。5分間のトレーニングが終了すると、emWave は ”コヒーレンス・トータルスコア” を発表してくれます。この ”コヒーレンス・トータルスコア” が現在のあなたの ”自律神経力” や ”健康力” や ”瞑想力” をあらわしています。emWave はあなたのリアルを映し出す鏡ですから、日常生活のあらゆる思考や姿勢や所作に気を配り、さまざまな修正項目や改善点をとりいれることで、あなたの”コヒーレンス・トータルスコア”が向上するかどうかをみてゆきます。あなたの”コヒーレンス・レベル”が上がってゆくなら、その修正や改善があなたの役に立つことが証明されたのです。こうして、日常生活のどのような思考や配慮や所作が自分の役に立つのかを検証してゆくことが”自律神経バイオフィードバック”の主要なねらいです。

 

 

 

 あなたが工夫すべきポイントはだいたい決まっています。代表的なものをあげておきますと、⑴考え方をかえる ⑵姿勢をととのえる ⑶呼吸をととのえる ⑷食事をかえる ⑸物事の受けとめ方をかえる、などです。どのポイントを重視すればよいのかは、おひとりおひとりの生活状況によってがらりと変わってきます。

 

 

 あ、もうひとつだけお願いがあります。あなたは自分の自律神経の状態をよく理解する必要があります。だから、あなたの自律神経の測定結果をご自身で解釈できるまで学んでください。そうしなければ、 emWave が計算するスコアはたんなる数値にすぎません。そのスコアをあなた自身のリアルタイムの生きた姿ととらえるときに”自律神経バイオフィードバック” は真の健康効果を発揮して、心身症の治療に絶大な効果をもたらすのです。

 

 

 え、そんなにカンタンに言わないで、ですって。そんな難しいなら、わたしにはとてもムリだ、ですって。みなさんはとても恵まれているのですよ。みなさんには emWave というデバイスがあって、自律神経のことをきちんと教えたり指導してくれる先生がいて、しかも自分で自分の自律神経を調整できる医師がいることをよくご存知なのですから。わたしが自律神経に関心をもちはじめたころは、高価な心電計しかなくて、こんなに安価で高性能なデバイスはありませんでしたよ(現在でも国産品は最低でも1台50万円はしますが)。また、自律神経についてきちんと教えてくれる先生がいなかったし、さらに自分の自律神経を自分で調整や改善できる人なんて身近に見つけられなかったのですからね。関心をお持ちの方は、どうぞ、「いのちの学校」へご相談ください。 

 

  

 さあ、ご自分の力だけをつかって、自律神経のはたらきをたかめて、健康な生活をとりもどして、あたえられた”いのち”をよく使って、豊かで意義ふかい人生にしていきましょう!”自律神経バイオフィードバック” は、だれでもカンタンに安全に確実に健康をもたらしてくれるすばらしい心身トレーニング法です。が、その健康効果を確実に高めるには、それなりの準備と学習が必要になります。でも、おひとりでお悩みになる必要はありません。わたしたち「いのちの学校」ができるかぎりのお手伝いできますようにとりくんでまいります。

 

 

三つの数値は左から”コヒーレンス・レベル” ”トレーニングの経過タイム” ”コヒーレンス・レベルの総計”

上の波形が ”コヒーレンス”(統覚の境地)レベルをあらわす(Inner Balance for iOSデバイスの画面)

 上の波形が ”カオス”(混乱状態)レベルをあらわす(Inner Balance for iOSデバイスの画面)

”HeartCloud” は emWabve 参加者が世界中からあつまるオンラインコミュニティ、トレーニングごとの自分の測定データが保存されて、自分の成長の推移がひとめでわかる。

現在は、この画面のような表示形式ではなくなりましたが、以前はこの画面のように、世界中の参加者の”コヒーレンス・レベルの合計”がリアルタイムで集計されて、過去24時間/過去1週間/生涯総計点ごとに、世界のトップ3まで表示されるようになっていました。ゆふ しこを(Shikoh)も世界トップランキング の常連であった時期もありますが、自律神経の能力は自分自身の課題で、他者と競いあうものではないと考えて、ランキング競争をやめました。しかし、ある時期に世界の強者たちと切磋琢磨しあったことはよかったとも思うのです。

3. 自律神経を高めると瞑想になる

 

 

 emWave に参加すると ”HeartCloud” というオンライン・コミュニティーに招待されます。そこに世界中の emWave 参加者がつどい、ひとりひとりの自律神経の計測スコアが集計されて、リアルタイムで世界ランキングが公開されています。そこで、いまの自分の自律神経の実力がわかるとともに、世界のトップレベルの人たちの実力の高さがわかるようになっています。

 

 

 ネルケ無方ゆふ しこをは、世界中の強者をむこうにして世界トップレベルの自律神経能力を実証してきました。心療内科医のゆふ しこをが最先端医学の知識と技術をつかって自律神経の能力を高めるのは当然ですが、全身全霊で禅修行にとりくむネルケ無方の自律神経の能力が世界トップレベルであるのはたんなる偶然ではないと考えています。ネルケ無方の修行の成果が自律神経の能力にむすびついているのです。自律神経の能力がそのまま "瞑想" の実力をあらわしているのです。瞑想は "真実の自己にむすびつく心身技法" です。真実の自己は "からだ" に宿っています。"からだ" の状態を映し出しているのは自律神経なので、自律神経は真実の自己を映し出していることになります。自律神経の能力を高めることは "瞑想" になる。ネルケ無方とゆふ しこをは、今日も自律神経の能力を高めゆく生き方をしています。