レクチュア

「運動不足を科学する:運動不足は誤解されている」

❶ 4月14日(日)    鎌倉市 一般の方

 

❷ 5月15日(水)  藤沢市 医師/看護師/介護資格者限定

内容 運動不足が肥満をもたらし、高血圧・糖尿病・がん・うつ病・認知症を招いているといわれます。書物やテレビでさまざまな運動法が指南されますが、運動不足を根絶するにはいたらないようです。わたしたち医療・介護関係者も「最適な運動」を実践し、あるいは指導できているでしょうか。この機会を拝借して、現代人の宿命的な運動不足を科学的に究明するとともに、運動不足を瞬時に解消する画期的な方法を発見した論文をご紹介してみなさまの健康維持に資するともに、在宅診療・介護活動にお役立ていただきたいと願っています。

話者 遊方之外(ゆふ しこを)心療内科医・日本医師会認定産業医・安泰寺信徒代表・「いのちの学校」主宰。京都大経済学部、京都大学文学部、京都大大学院修士および博士課程(チベット仏教学)、山口大医学部卒。人類3万年の精神をうけつぐ「遊方之外」として人間の可能性探究と新生をめざす「いのちの学校」をひらき、予防医学のたいせつさを呼びかけている。