I なぜ現代人は不幸なのか


5月15日の藤沢市での講演は iPad が当初つかえず、大混乱をきたしましたが、私がパニクるだけ、講演が好評を博す、というイヤなジンクスがあります。さて、講演の朝にさまざまなインスピレーションが降りてきて内容をずいぶん変えましたが、講演途中にもさまざまなインスピレーションが降りてきたばかりか、ご来聴いただいた先輩医師の先生から「爪とストレスの関係」についての貴重なお教えをいただきました。こういうことがあれば、愚説でも公表してみるものだな、と思います。

 

さて、いま私の関心は「なぜ現代人は不幸にしか慣れないのか」ということに集中しています。そして、その答えが日を追うごとに見えてきています。5月15日の講演でもそうでしたが、答えは予想外のところにあるものです。「現代人の不幸の真因」は現代人が予想もつかないところにあります。だからこそ、だれも「不幸」から脱することができないのです。現代人にできることといえば、「自分は不幸ではない」と現実を否認することだけです。私は、いま思いもつかぬ「不幸の源泉」をたどって、歓びにみちています。みなさんに「不幸の源泉」をおつたえして、みなさんが「不幸」から「幸福」へ転じるのをお手伝いする日が近づいているのを楽しみに思えます。

 

そのまえに、海外の天才医師たちにぶつけてこようと思っています(Dr. Shikoh)