からだがかたるからだ

 〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

世界はかくも不可思議にみちあふれている

このところ医学的発見にめぐまれている私

隣近所の人たちは私の職業さえご存知ない

なのに世界が私とふかくつながろうとする

とつぜん海外出張の医師が私を訪ねてくる

さる自律神経研究所が私を推薦したという

アンドルー・ワイルが絶賛した伝説の医師

フルフォード博士の神業を彷彿させる名医

その手は史上最高レベルの神技をくりだし

頭から伝わる刺激で私の全身全霊が甦える

私の医術を披瀝すると今度は彼が驚喜する

彼の恩師だけが実践しえた幻の秘技という

私と彼はいま知るあらゆる秘密を交換する

私もまた海外から特別な招待を受けている

数千年門外不出の秘術を学ぶ別格の機会だ

私は3万年の叡智うけつぐ Medicine Man)


からだがかたるからだ

 〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

テレビで枕の調整法を教える女医さん

販売されている枕はみんなダメですね

万人向け枕はあなたに合わないでしょ

自分の枕は自分でつくるにかぎります

眠りをさまたげる低品質で高価な枕を

ベストに調整しなおす凄腕の女医先生

枕の調整はできても寝具はどうですか

肩こり腰痛は寝具が合っていない証拠

たった一晩、自分に合う布団で休めば

しつこい肩こり腰痛もたちまちきえる

自分に合う寝具さえ作れば肩こり腰痛

なろうとしたってなれるものではない

腕利きの先生、それを教えてあげてよ

日本人がとうに忘れたシンプルな養生

人間の安眠と健康をまもる叡智は自然

“Human Nature Against Nature”(C. G. Jung)


からだがかたるからだ

 〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

古代中国で「君子は豹変する」という

よいと思えば過去を捨て変身するの意

昨年までの私を知る人に今の私は別人

講演で語りつたえる内容がまるで違う

昨年までは食事や睡眠を語らなかった

私の食事や睡眠が特別と思わなかった

90歳にても元気に働くために豹変する

だから50歳から理想の心身へ窯変する

理想の心身は腰痛にもがんにもならぬ

がんも腰痛も認知症も糖尿病も肥満も

遺伝でなければ生活習慣ゆえに病まう

病気になるような生活をつみかさねて

病いに冒されるなら至極当然な結末だ

人は自分の才覚もて生活を選ぶが仕事

医師は人の生活みて未来をよむが仕事

“Human Nature Against Nature”(C. G. Jung)


からだがかたるからだ

〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

知命の齢に理想の心身手に入れるには

ちょっとしたコツと工夫があればいい

自転車がパンクしたら自分で穴を塞ぐ

格安の中古車を日々メンテナンスして

陸運支局へ出かけ自分で車検をとおす

キャンプナイフを自ら研いで料理作り

弁当箱につめコーヒー淹れた水筒もち

6キロの道をクリニックまで走りぬく

自分で食べる食事も弁当も全部手作り

食べ終わるとすぐ手で洗い歯をみがく

自分のことはおよそ自分でととのえる

すると得られる生活の知恵、人生の味

今日も今日とて何をしようか、この私

 

3万年の叡智うえつぐMedicine Man

“Human Nature Against Nature”(C. G. Jung)


からだがかたるからだ

〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

生きてゆくのに医学知識がやくにたつ

何を、どれだけ、いつ、食べるのか?

料理研究家は、カンタンに、おいしく

つくれる料理法を教えてくれるけれど

それは食材が口にはいるまでのお話だ

口に入れた食物がいつどこで代謝され

どこでどう吸収され排泄されてゆくか

しくみを知らずに食べると病気になる

自分のなりたちやしくみを知ってこそ

食事のすべては自ずときまるのが自然

自然を実践してこそ理想の心身となる

自然からわずかにずれると苦しみ老ゆ

日に心臓は十万回打つ、ちりも積れば

 

男は3万年の叡智うけつぐMedicine Man

“Human Nature Against Nature”(C. G. Jung)


からだがかたるからだ

 〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

”チベット死者の書”の翻訳は無意味

まことの真実は文字で表せないゆえ

レクチュアでそうかたりだしたとき

脳裏にふと”古事記”がうかびあがる

わが国最古にして最高の書古事記

その書の文字は一言も真実を語らず

秘密は行の余白にかくされつたわる 

うつ病はこの書で必ず治療できると

確信もって宣言できずにいたこの私

治療成功の切り札がとうとう訪れた

物語の文字をよむからまちがうのさ

字をよまずば書がかたりはじめるよ

書が重い扉をひらきはじめるこの日

この国の人々とともに分かちあおう

3万年の叡智うけつぐMedicine Man

“Human Nature Against Nature” (C. G. Jung)


からだがかたるからだ

 〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

男は医師であることを心底より歓ぶ

智慧だと思えば躊躇なくトライして

心身の変調に冷静にむきあえるから

 

先人の智慧と最先端の科学を融合すれば

100兆の腸内細菌バランスがととのう

必要十分な量の栄養を小腸よりとりこむ

脳は過剰雑音を抑えてクール&スマート

瞑想は世界をかくも平和でみたすものか

身はひきしまり軽いから思わず駈けだす

知命の齢に最高の精神と身体を贈られる

生まれてきた意味と目的に男は目覚める

 

 

本来の力を発揮するとしなやかで強く

「いのち」がなければ堅くもろくなる

 

3万年の叡智うけつぐMedicine Man

“Human Nature Against Nature” (C. G. Jung)