ながらく高齢者の医療にたずさわっている私に、

人づてに若者の面談の希望があいついでいます。

 

これからの人生を真剣に考え、迷う若者とむきあうと、

私も、生命や人生の可能性に目が見開かれてゆきます。

 

現代の若者の苦悩は、とてもシンプルです。

とても熱心に私の語りに耳をかたむけます。

なかなか治療が奏功しない高齢者とちがい、

一度で解決にいたることが、ほとんどです。

 

ほぼすべての若者の苦悩が共通しています。

親たちの生き方がよいとはとても思えない。

勉強して出世して退職して、年金をもらう。

結婚して別れて、老いて病んで死んでゆく。

人生は、たったそれだけの旅にすぎぬのか。 

生きるとはかくもこれほど表面的なものか。

ほんとうの人生は生きるに値いしないのか。

 

いまとても興味ぶかい現象が起きています。(Dr.Shikoh)