人は50歳から理想の心身になる


  "いのち" 奇跡の進化

人間に最もちかいチンパンジーの寿命は約50年。出産期をおえると死ぬのが生物世界の厳しい掟。人間の寿命がゆうに100歳をこえるのは600万年かけて”いのち”を進化させてきた証。人間の人間たる所以は、50歳からの人生にこそあらわれる。ゆえに孔子は”五十で天命を知る”という。若者の生活は”知命”をむかえる準備期間というが道理。

医師 ゆふ しこを

心療内科医の遊方之外(ゆふ しこを)は知命のわずか数ヶ月にして心身がすっかり入れかわり、人生でもっとも理想にちかづいた境地(心身)を委ねられた。しなやかにはねる幼な子の身体と、本来の自己そのものの無底に安住する精神をあずかり、湘南の地で在宅訪問診療に渾身とりくみ、 ”いのち”がおりなす遊びに今日も学びほうける。

 老化と進化の分水嶺

生殖出産期をおえると女性は更年期をむかえる。女性も男性も、心身が劇的にいれかわる50歳から ”いのち”をおびやかす致命的な病気が急増する。100年人生を折りかえす50の齢に、若さを気どり昏きに病み苦に老ゆるか、長叡の命光に照らされて天真の功自ずと進むか、生き方の選択が人生を極上にも地獄にもみちびく究極の分水嶺となる。



Medical Lecture運動不足を科学する

① 4月14日(日) 鎌倉 オープン形式

② 5月15日(水) 湘南地域の医師・看護師限定

 講演主催者のおはなしでは、ご関心がとても高くて早々に定員にたっして、私が日ごろ尊敬する先輩医師の方々もお越しいただくようです。恐縮しますが、準備は万端ととのっておりますので静かに時流れるのを待っています。 

 

厚生労働省の統計調査によると、”運動不足” のせいで内臓脂肪をためて肥満(メタボ)になる日本人は年々増加していて、さらに加速しそうな勢いです。さらに、日本人は筋肉の種類から、アメリカ人やアフリカ人にくらべてはるかに内臓脂肪をためこみやすい体質をしています。そんな日本人に朗報がもたらされました! ”運動不足” が内臓脂肪や肥満(メタボ)の真犯人ではないこと、”運動不足” は思うより容易に解決できること、その方法はほんのわずかな工夫をすればすむことをハーバード大学の研究チームが明らかにしたのです。この非常識な "運動不足の真実" を公開した論文は世界に衝撃をあたえました。その考察は ”運動不足” という大難問を一気呵成に解決するだけでなく、他の重要な諸難問を解決して人間の生活改善に大いに資する可能性を秘めています。先日のレクチュアでは、参加者のみなさんとの真剣なコミュニケーションをとおして、わたし自身がとても大きな気づきをいただきました。(Dr. Shikoh)


 

 

 

自律神経を科学する

近日公開!

 

 


からだがかたるからだ

〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

有名な女医さんが枕の選び方を教える

私が10年前に発見したのと同じ方法だ

販売されている枕はすべてダメですね

万人向け枕は個人に向いていないもの

自分の枕は自分でつくるにかぎります

眠る目的を理解して眠る人はいません

だから枕をデタラメに選ぶのだけれど

枕より難しくて厄介なのが寝具ですよ

寝具が合ってない証拠は肩こりと腰痛

たった一晩自分に合った寝具で眠ると

積年の肩こりと腰痛がたちまちきえる

自分で寝具をつくれば肩こりや腰痛に

なりたくても到底なれるものではない

現代人がすっかり忘れた古代の養生術

人間に安眠と健康をもたらす智こそ真

“Human Nature Against Nature”(C. G. Jung)


からだがかたるからだ

〜無意識がつむぐ詩のことば〜

 

ウソをつかないウソつきがいるらしい

昨年までの私を知る人に今の私は別人

講演で語りつたえる内容がまるで違う

昨年までは食事や睡眠を語らなかった

がんや糖尿病や腰痛に苦しむ人がいる

それは私もよくわかっていたつもりだ

その治療が得意なこともわかっていた

それを口にすることができないでいた

自分の任ではないと口をとざしてきた

長い冬をすぎてそれが思いこみと悟る

そしていま私は自分の変化を感じとる

私はウソをつこうとしたわけではない

ただ自分の本心に背を向けていただけ

便利な言葉があり、君子豹変すという

私は3万年の叡智をつぐ Medicine Man

“Human Nature Against Nature”(C. G. Jung)